新中野FKクリニック、心療内科、中野区、東京都、不眠症、うつ病、パニック障害 カウンセリング
カテゴリー 当院の診療と診察
  診療のご案内
  初めての方へ
  担当医のご紹介
  院内紹介
カテゴリー カウンセリング
カテゴリー こんな症状のときに
  不眠症
  うつ病
  パニック障害
  強迫性障害
  摂食障害
  認知症
  SAD社会不安障害
カテゴリー 禁煙外来
カテゴリー AGA外来
カテゴリー アクセス
  交通と診療時間
カテゴリー リンク集のページ
カテゴリー ホームに戻る

 

   AGA外来 (自由診療)

AGA外来について(プロペシア)

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGA(エージーエー)は進行性です。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。

AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアーサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

近年、AGA(エージーエー)の原因が明らかにされ、「のむタイプの治療薬」が登場したことで、根気よく治療を続ければ抜け毛の進行を抑える効果や改善効果が期待できるようになりました。プロペシアは5α-還元酵素を阻害し、男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制します。

AGA(エージーエー)治療で一番大切なことは、根気よく治療を続けることです。治療を始めてもすぐに効果がみられないため途中でやめてしまう人がいますが、AGA(エージーエー)治療の効果がみられるようになるまで、一定の期間以上かかります。

AGAに対して当院ではプロぺシアを処方いたします。

効果・効能:男性における男性型脱毛症の進行遅延 

用法・用量:男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。

料金:  初診料2,000円, 再診料1,000円, プロぺシア28日分8,000円

ジェネリック薬品 はファイザー フィナステリド(薬代6,500円)東和薬品(薬代5,200円)です。

お薬は院内処方となります。

 




中野区 本町 6-16-12 新中野FKビル5F
新中野FKクリニック
〒164-0012東京都中野区本町6-16-12新中野FKビル5F
TEL03-3229-2169<予約制>
丸ノ内線 新中野駅より徒歩1分 新中野FKビル5階


東京都中野区 心療内科・精神科・パニック障害うつ病不眠症カウンセリング

Copyright 2009. Shin-nakano FK clinic all rights reserved.